無職でもお金を借りる|闇金以外の安全な金融

無職でどこからもお金が借りれなくて困っている人は必見!

無職困った

無職だからお金に困っているのに、銀行も消費者金融も、無職だとどこもお金を貸してくれない!

無職になった方の多くが体験する事態です。
現在無職の方にとって、急な出費が発生した時というのは本当に困ってしまいますよね。

無職だから当然収入がないのに、出て行くお金が増える一方という状況は本当に辛いです。

無職になってしまうと銀行のカードローンやアコムやプロミスなどの消費者金融にも、新規の契約をすることができません。

無職になった途端、どこにもお金が借りられないということになってしまいます。

「仕事に就いている間に銀行のカードローンを契約しておいたり、モビットやレイクなどの消費者金融の契約も済ませておけばよかった。」

そう思ってしまっても後の祭りですよね。

無職になってしまう前に、そこまで計画的に行動できたらよかったのですが、そこまで考えて無職になる人は少ないでしょう。

会社が人員削減をしたり、職場の環境がどうしても自分とは合わず、病気になっていた仕方なく退職してしまうという方もいると思います。

パートやアルバイトなどの仕事をしていればお金を貸してくれる消費者金融もありますが、会社を辞めていきなりアルバイトで生計を立てるというのも難しいですし、体を壊して会社を辞めた方の場合はそもそも働きに行くことができません。

無職になって、本当にお金に困っている時なのに、どこの銀行も金融会社もお金が借りられない。

銀行も消費者金融も商売でお金を貸しているので仕方ないですが、なんだか理不尽なものを感じてしまいますよね。

しかし、無職になってしまった方でも、すぐにお金を借りることができる方法があります。

それは、「クレジットカード現金化」という方法です。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、自分が持っているクレジットカードのショッピング利用枠を現金化業者を通して現金に変えるという方法です。

すでに持っているクレジットカードを利用するので、改めて審査を受けたり書類を提出する必要もなく、クレジットカードでネット通販をするような感覚で現金を用意することができます。

具体的にはクレジットカード現金化業者が用意した商品をクレジットカードで購入し、その購入代金の80%~98%ぐらいの金額を現金化業者から自分の銀行口座に振り込んでもらいます。

このようにして、クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金が受け取れるというわけです。これなら現在無職の方でも、金融会社で審査を受けたりすることなく、現金を受け取ることが可能です。

現在無職の方や専業主婦で収入のない方、金融会社からあまりたくさんのお金を借りられない学生やアルバイトの方にとっては、とても役に立つありがたい方法だと思います。

しかしクレジットカード現金化を行う場合に、いくつか注意する点もあるので挙げておきます。

クレジットカード現金化はここに注意する!

クレジットカード現金化業者はきちんとしたところを選ぶ

クレジットカード現金化で現金を用意する場合、大切なのが現金化業者をしっかり選別するということです。

中にはクレジットカード現金化業者を装って、商品の購入代金だけをクレジットカード決済し、その後は自分の口座に入金してくれないという悪質な詐欺業者もあるからです。

最近はそのようなクレジットカード現金化の詐欺業者も少なくなりましたが、まだまだ注意していく必要があります。

当サイトでもクレジットカード現金化業者をいくつかご紹介していますが、いずれもきちんと業務を行っている。安心して利用できる業者ばかりです。

クレジットカード現金化でお金を手にすることを考えている方は、当サイトがおすすめしている業者を利用すると良いでしょう。

クレジットカード現金化でクレジットカードを使いすぎない。

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を受け取るクレジットカード現金化は、決して法律に触れる行いではありません。

しかし、カード会社にとっては、カードのショッピング枠は現金化ではなく、純粋に買い物などの支払いに利用して欲しいという考えがあり、クレジットカード現金化でのカード利用を嫌うところが多いです。

そのため、クレジットカードのショッピング枠を現金化のために利用しているということがわかると、カードの不正利用として、そのカードの利用を停止してしまうカード会社もあります。

非常に便利なクレジットカード現金化ではありますが、あまりに利用しすぎるとカード会社からカードの会員資格を停止させられてしまうこともあります。

無職で収入がないときにどうしてもお金が必要ということであれば仕方ないかもしれませんが、あまりにクレジットカードの現金化を多用することはおすすめしません。

どうしてもお金が必要だという時だけに限って利用するようにしてください。


このページの先頭へ